家族に内緒でお金を借りたい場合は?

家族に内緒でお金を借りたい場合は?

キャッシングするというのは本人が思っている以上に周囲が警戒するものです。

 

やはりキャッシングという言い方が浸透してきつつあるといっても、実体としては借金な訳ですから周囲は心配してしまうのです。だからこそキャッシングしようという方の多くは利用を知られないように注意します。特に家族に対してはどうしても知られたくないという人が多いはずです。

 

では家族に知られずにキャッシングすることは可能なのでしょうか。あくまで自分でコントロールできる範囲内でお金を借りるとするならば、家族にはいらぬ心配をかけたくないものです。それなのに不用意なダイレクトメールは来ないか、必要な書類のやり取りの場面で家族に見られる危険性はないか、そうしたところは誰でも気にかかるところです。

 

各金融機関もそうした利用者の声があることをよく知っています。できるだけそうした家族に知られる危険性、リスクを減じようとしてくれています。例えばダイレクトメールですが、契約時に送付を希望するか質問する項目があり、希望しなければ送られないようになっています。契約上も審査に使用する以外の目的で記入して提出した住所は使用しないとなっているので、そこは厳密に守ってもらえます。

 

また契約に必要となる書類も家族にバレる危険をはらんでいるものです。ローンカードなどはキャッシングする上で必要となる場面も多いですし、その他書類提出や契約書の受け取りもしなければなりません。

 

かなりの部分で契約の電子化は進んでいますが、物理的に逃れられないものもあるわけです。

 

しかしそうしたところも無人契約コーナーの活用で自宅への送付を防ぐことができます。電話やインターネットで契約を済ませたのちに書類の受け取り、ローンカードの受け取りを店頭や無人契約コーナーで、行う旨を伝えておくだけで、自宅にそうしたものを郵送するのはやめてもらえます。

 

なかなか家族にキャッシングすることは理解してもらえないものです。こうした制度を活用してできるだけ知られることなくキャッシングしましょう。

 


このページの先頭へ戻る