総量規制ってなんだろう?

総量規制ってなんだろう?

消費者金融を利用していると、必ず一度は耳にする言葉が総量規制という文言です。

 

字の意味を単純に受け取れば、総量を規制するという意味になるわけですが、まさにその通りで消費者記入などから借りるお金の総量を規制するための法律です。

 

この総量規制がまだ適用される前は、借りることが出来るお金の総量は規制されておらず、年収が200万円程度の場合でも金融業者のい判断でいくらでもお金を貸すことが出来ていました。

 

もちろん複数の業者で多額のお金を借りることが出来たため、多重債務者と呼ばれる人たちを増やしてしまう原因となっていました。これを重く見た国は消費者金融など貸金業法に則ってお金を貸している業者に総量規制という法律を適用させることを義務付けました。

 

走力規制が適用され、お金を借りる場合の上限が決められたわけです。個人個人でこの上限は異なっており、上限を決める物差しは年収ということになりました。

 

年収の三分の一というものが借りることが出来るお金の上限と決まったわけです。要するに年収が多い人ほどたくさん借りることが出来、逆に年収が少なければ少ないほど借りることが出来る額も少なくなると言うわけです。

 

これは年収に照らし合わせて返済が可能であろう基準を国が決めたものですから、いくら消費者金融がお金を貸したくても、総量規制がある限り年収の三分の一を超える貸し付けは不可能になってしまいました。

 

多重債務に陥る人や、多額の借金で苦しむ人を救済する目的で作られた総量規制ですが、逆に言えば年収が少ない人は今まで借りることが出来ていた金額を借りることが出来なくなる場合が多いため、全ての人が喜んだ法律では無かったようです。

 

総量規制は消費者金融だけではなく信販会社なども適用されますので、自分は関係ないと思っている人もいつの間にか規制対象となっている場合があります。クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象ですから、気づいた時にはキャッシングが利用できなくなっていたと言うこともあるので注意が必要です。


このページの先頭へ戻る