自営業でも借りれるローン

自営業や個人事業主でも借りれるローン?

景気の動向によって商売に一番影響を受けやすい個人事業主または自営業の人がお金を借りたい場合は、安定収入のあるサラリーマンに比べると、借入業者の融資審査に通るのは困難だと以前から言われていました。

 

銀行カードローンや消費者金融での借入審査では、どうしても返済能力に見合う収入の安定性が求められるので、定期収入が約束されているサラリーマンのほうが必然的に審査をパスしやすいのです。

 

ですので、景気の動向によって商売報酬が著しく変動する個人事業主・自営業者にお金を貸すという事は、必ずしも確固たる返済能力を持ち合わせてるとは限らないので、銀行や貸金業者側も審査の判断に慎重にならざるを得ないのです。

 

もし個人事業主・自営業の人が融資審査を受ける場合は、少額の借入でも、収入証明書や確定申告書類などが必須になります。また個人事業主・自営業者には敢えてお金を貸していない消費者金融も幾つか存在するので、借入業者を比較検討する際は見落とさないようにしましょう。

 

ただ個人事業主・自営業者がお金を借りる時に唯一のメリットになるのが、年収3分の1以上の貸し出し制限が掛かる総量規制に引っ掛らない点です。特に消費者金融は、その適用範囲外の個人事業主・自営業者へのお金の貸し出しを正直歓迎している傾向にあるのが実情です。

 

しかも限度枠内なら幾らでも自由にお金を捻出できるカードローンは、商売の資金繰りの窮地に陥った時は、個人事業主・自営業者にとっては救世主とも言えます。

 

そんな個人事業主・自営業にも人気のカードローンが大手消費者金融としても全国で知名度を上げているプロミスです。

 

プロミスの場合は個人事業主・自営業者でも問題なく申し込みができる上に、個人のプライベート資金としても活用できるので、1枚持っておくと大変便利です。

 

このように商売の先行きが不安定なリスクがある個人事業主・自営業でも、積極的にお金の貸し出しを行っている貸金業者は何社かあるので、是非この機会に自営業でも借りれるカードローンを比較してみましょう。

キャッシングするというのは本人が思っている以上に周囲が警戒するものです。

 

やはりキャッシングという言い方が浸透してきつつあるといっても、実体としては借金な訳ですから周囲は心配してしまうのです。だからこそキャッシングしようという方の多くは利用を知られないように注意します。特に家族に対してはどうしても知られたくないという人が多いはずです。

 

では家族に知られずにキャッシングすることは可能なのでしょうか。あくまで自分でコントロールできる範囲内でお金を借りるとするならば、家族にはいらぬ心配をかけたくないものです。それなのに不用意なダイレクトメールは来ないか、必要な書類のやり取りの場面で家族に見られる危険性はないか、そうしたところは誰でも気にかかるところです。

 

各金融機関もそうした利用者の声があることをよく知っています。できるだけそうした家族に知られる危険性、リスクを減じようとしてくれています。例えばダイレクトメールですが、契約時に送付を希望するか質問する項目があり、希望しなければ送られないようになっています。契約上も審査に使用する以外の目的で記入して提出した住所は使用しないとなっているので、そこは厳密に守ってもらえます。

 

また契約に必要となる書類も家族にバレる危険をはらんでいるものです。ローンカードなどはキャッシングする上で必要となる場面も多いですし、その他書類提出や契約書の受け取りもしなければなりません。

 

かなりの部分で契約の電子化は進んでいますが、物理的に逃れられないものもあるわけです。

 

しかしそうしたところも無人契約コーナーの活用で自宅への送付を防ぐことができます。電話やインターネットで契約を済ませたのちに書類の受け取り、ローンカードの受け取りを店頭や無人契約コーナーで、行う旨を伝えておくだけで、自宅にそうしたものを郵送するのはやめてもらえます。

 

なかなか家族にキャッシングすることは理解してもらえないものです。こうした制度を活用してできるだけ知られることなくキャッシングしましょう。

 

消費者金融の中心サービスであるカードローンは、20歳以上で安定した収入を得ている人を対象としている無担保型の個人向けの融資の事です。個人としての利用は自由であり、飲食や買い物などの遊興費に分類される目的での申し込みも認められています。

 

しかも、申し込み当日にお金を借りる事が可能なほどのスピード審査を行っているので、急いでいる時には非常に便利な内容です。このために、多くの人が利用しており、現在では消費者金融以外の金融機関も取り扱っています。

 

カードローンは、このように魅力的な内容の商品ですが、一方で金利は高く設定されています。

 

また、融資額は最高で500万円を超える様な大型の商品も存在していますが、開始時から大きな金額を利用できる事はほとんどありません。このために、複数の業者から借入しているケースも多く見られています。

 

カードローンは、利息制限法という法律に基づいて金利が設定されており、借入が大きくなるほど金利は低くなるという仕組みです。このために、複数の業者から少額ずつ借入があるよりも一本化した方が金利は低くなります。おまとめローンとは、このように借金の一本化により返済額を少なくする事を目的とした借り換え専用の商品です。

 

カードローンの返済が困難となった場合に、それを改善するための方法といえば、自己破産や任意整理などの債務整理が知られています。債務整理は、当初の契約内容を変更した上で返済額を減らすという内容です。

 

ただし、信用情報機関に記録されてしまうので、しばらくの間は新規借入が出来なくなってしまうというデメリットが発生します。自己破産の場合は、7年から10年間は記録された状態が継続します。

 

これに対しておまとめローンは、借入総額を変えずに返済だけを少なくするという内容であり、信用情報にマイナスの影響を及ぼす事はありません。つまり、デメリットなしで返済の負担を軽くできるという事になります。おまとめローンも個人向けカードローン同様に、20歳以上で安定した収入を得ているという事が条件であり、簡単な手続きで利用する事が出来ます。

 

予期もせぬ慶弔事や疾病に罹った時など、至急纏まったお金を準備する時に非常に役立つカードローンですが、新規借入契約の際に収入証明書が必要となると、手続きが面倒になると予想されるので、敬遠してしまう人も意外に多いのではないでしょうか。

 

特に収入が不安定な個人事業主や主婦の場合、この収入証明書の提出が足枷になって、カードローンを契約できないと思い込んでる人が多いようです。

 

しかし、最近は100万円以下の借入なら、収入証明書不要で新規契約できる銀行カードローンが続々と増えてきており、尚更早くお金を調達したい時はお勧めなのです。

 

それに収入証明書が必須になるカードローンの場合、書類の準備にある程度の時間が掛かるのが予想されるので、お金が必要になる肝心の日までに融資が間に合わない、即日融資がほぼ不可能になる、借入限度額が制限されてしまうなどの問題が発生しやすくなります。

 

基本的に収入証明書不要のカードローンは、消費者金融のではなく、銀行カードローンの事を指しているのですが、大体100万円程度の契約額を希望なら、収入証明書なしで対応が可能です。

 

しかも、わざわざ収入証明書や納税証明書などを発行して貰うために、会社の総務や役所の窓口に出向く労力が省略でき、運転免許証さえあれば申し込めるので、精神負担少なく契約手続きもスムーズに捗りやすいでです。

 

また収入証明書不要の銀行カードローンなら、借入金額に支障をきたす総量規制適用外なので、限度額も余裕を持って多めに設定できます。 

 

反対に消費者金融や信販会社のキャッシングは、年収3分の1までの借入率という厳しい総量規制に引っ掛る事になるので、多額の借入を考えている人には不利な条件になります。

 

今知名度のある収入証明書不要で借りれるカードローンは、三菱東京UFJ銀行のバンクイックや新生銀行カードローンのレイクなどで、これらの金融機関なら即日融資サービスも行っているので、特に急ぎでお金が手元に欲しい場合は、新規申し込み候補リストに加えておきたいところです。

キャッシングを初めて利用する場合、実際の使い心地や利便性などは使ってみるまで分からないためどのカード会社を利用すればよいかなかなか決められないのではないでしょうか。

 

カード会社を選ぶ際にお得で便利になるのは、無利息期間を設けているカード会社を選ぶということです。無利息期間とは、その期間中にお金を借りた場合、元本以外に一切支払うお金が発生しない期間ということですので、10万円借りたらそのまま10万円を返済すればいいため、無駄な金利の支払いをする必要がありません。

 

無利息をサービスとして展開している会社は複数あり、そのほとんどが無利息期間を契約日から30日程度に設定している場合が多いようです。30日間金利無しで利用してもらい、キャッシングの便利さを利用者に知ってもらうと言うのが大きな狙いとなっているのでしょう。

 

分かりやすく言えば、キャッシングのお試し期間といったところでしょうか。金利無しで利用してもらうことで利便性を認識してもらい、継続して利用を促すことを目的として作られたのが無利息期間というサービスとなります。

 

この無利息期間は使い方次第では非常に便利に利用できますが、注意しなければいけない点があります。無利息期間内に借りたお金を期間内に返済すれば、金利は一切発生しませんが、もし決められた期間内に返済できなかった場合、通常の金利が発生してしまうと言うことです。

 

ですから無利息だからと言って一度に大金を借りてしまうと、期間内の返済が出来なくなり結果的に金利が発生し、無利息期間を有効に活用できなかったということにもなりかねません。

 

無利息期間は契約した翌日から30日程度となっている場合が多いため、契約日を過ぎて利用する日が遅れれば遅れるほど、無利息期間は短くなっていきます。最大限に無利息期間を利用したいのであれば、契約日にすぐ必要な金額だけ借りて、30日経過するまでに返済を行なえば良いでしょう。返済までの猶予が30日あるわけですから、うまく使えばお金を上手に回すことが可能になると思います。

カードローンで借入した金額を返済約定日までに支払いを完了しなかった場合、元本と利息とは別に、遅れた日数分だけ損害金も追加で払うペナルティーが課せられます。

 

カードローンを契約する時は、どうしても最大限度額や金利面に目を取られがちですが、新規で申し込む時は万一の為に各社の遅延損害金の利率に関しても比較検討されたほうが賢いです。

 

一般的なキャッシングの遅延損害金の利率の最大値は、利息制限法で20%までと決められています。この数値以下なら、具体的な利率制限を受ける事なく、各社で自由にパーセンテージを設定できる事になっているのですが、今は大半のカードローンが上限の20%ギリギリまで遅延損害金利率を上げてきています。

 

また遅延損害金の計算方法は、殆どのカードローン会社が遅延した日数分の日割りで最終的なコストを出すようにしています。

 

具体的な計算式に関しては、借入金額×遅延損害金利率÷365日×返済期限を利益喪失した翌日からの経過日数となっており、債務残高が余りにも多かったり、遅延日数が長引く場合は、この遅延損害金のダメージは雪だるま式に大きくなります。

 

特に遅延損害金の計算は、多くの会社が日割で行っているのが大きなポイントで、1日でも早く返済を済ませたほうが心身ともに抱えるストレスを大幅に軽減できます。

 

もし定められた返済期限に入金できない恐れがある場合は、早期にカードローンを契約している会社に直接連絡を入れるのが何より重要です。一部のカードローン会社でしたら、支払日を別の日に変更する柔軟な対応を行っている事もあり、

 

何とか遅延損害金の発生を抑える手立てもあります。

 

また遅延になる原因として頻繁に聞かれるのは、毎月の指定日に銀行口座からの自動引き落としで返済を行う場合に発生する、前日までの入金忘れです。こうした些細な原因での延滞を予防するには、返済日間近になった時に、金融機関側から携帯やパソコンにアラート通知してくれるメールサービスへの登録が有効です。

 

特に返済遅延は、今後別の会社で融資審査を受ける時に大きな影響を与えかねないので、きちんと自己管理しながら、適正に借入を行いましょう。

消費者金融を利用していると、必ず一度は耳にする言葉が総量規制という文言です。

 

字の意味を単純に受け取れば、総量を規制するという意味になるわけですが、まさにその通りで消費者記入などから借りるお金の総量を規制するための法律です。

 

この総量規制がまだ適用される前は、借りることが出来るお金の総量は規制されておらず、年収が200万円程度の場合でも金融業者のい判断でいくらでもお金を貸すことが出来ていました。

 

もちろん複数の業者で多額のお金を借りることが出来たため、多重債務者と呼ばれる人たちを増やしてしまう原因となっていました。これを重く見た国は消費者金融など貸金業法に則ってお金を貸している業者に総量規制という法律を適用させることを義務付けました。

 

走力規制が適用され、お金を借りる場合の上限が決められたわけです。個人個人でこの上限は異なっており、上限を決める物差しは年収ということになりました。

 

年収の三分の一というものが借りることが出来るお金の上限と決まったわけです。要するに年収が多い人ほどたくさん借りることが出来、逆に年収が少なければ少ないほど借りることが出来る額も少なくなると言うわけです。

 

これは年収に照らし合わせて返済が可能であろう基準を国が決めたものですから、いくら消費者金融がお金を貸したくても、総量規制がある限り年収の三分の一を超える貸し付けは不可能になってしまいました。

 

多重債務に陥る人や、多額の借金で苦しむ人を救済する目的で作られた総量規制ですが、逆に言えば年収が少ない人は今まで借りることが出来ていた金額を借りることが出来なくなる場合が多いため、全ての人が喜んだ法律では無かったようです。

 

総量規制は消費者金融だけではなく信販会社なども適用されますので、自分は関係ないと思っている人もいつの間にか規制対象となっている場合があります。クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象ですから、気づいた時にはキャッシングが利用できなくなっていたと言うこともあるので注意が必要です。


このページの先頭へ戻る